印象の記録

hommage to tagore

f0212861_015498.jpg
【ロビンドロナト・タゴール 『迷い鳥』 135番詩より】

こんな雨の晩に、風はやみそうにない。
わたしは木の枝が揺れているのを見て
森羅万象が大いなるものであることをおもう。

THIS rainy evening the wind is restless.
I look at the swaying branches and ponder
over the greatness of all things.
[PR]
by asnaro444 | 2011-02-18 00:10 | hommage to tagore