印象の記録

寺田寅彦へのオマージュ

f0212861_21162311.jpg
寺田寅彦「子猫」より

私は猫に対して感ずるような純粋なあたたかい愛情を人間に対していだく事のできないのを残念に思う。

そういう事が可能になるためには私は人間より一段高い存在になる必要があるかもしれない。

それはとてもできそうもないし、かりにそれができたとした時に私はおそらく超人の孤独と悲哀を感じなければなるまい。

凡人の私はやはり子猫でもかわいがって、そして人間は人間として尊敬し親しみ恐れはばかりあるいは憎むよりほかはないかもしれない。
[PR]
by asnaro444 | 2011-11-24 21:07 | 寺田寅彦へのオマージュ